Qコラーゲンって何?
A私たちの身体をつくり、支えるたんぱく質です。ヒトの細胞は約60兆個、その細胞が身体のあらゆる所で多様に機能することで、私たちの健康は保たれています。その細胞と細胞を結び付けているのがコラーゲンです。もちろんコラーゲンもたんぱく質の一種です。たんぱく質は健康な体づくりには欠かせない栄養素です。なんと体重の約20%を占めていると 言われています。そのたんぱく質の約30%をコラーゲンが占めています。 ですから、仮に体重が60㎏の人であれば、たんぱく質は約12㎏、コラーゲンは約4㎏ということになります。意外と多いと思いませんか?そのコラーゲンは、身体の色々なところに含めれています。皮膚、骨、関節、軟骨、内臓、血管など全身にあるんです。 ただし、コラーゲンは年齢とともに、身体の中で作る量が少なくなってきます。その質もだんだん劣化していきます。そこで高品質のコラーゲンを補う必要が生じてくるわけです 。
Qコラーゲンの役割は?
A身体の若々しさと健康の維持に関与、役立っています。
☆骨を強くし、しなやかに保つ。
☆関節痛を緩和し、円滑な動きをもたらす。
☆お肌にハリを与え、潤いも保つ。
☆消化器官の保護にも役立つ。
☆血圧の上昇抑制の効果もあると言われています。
☆スポーツ分野では、関節などのケガの予防、治療促進に注目されています。
Qコラーゲンって何?
A私たちの身体をつくり、支えるたんぱく質です。ヒトの細胞は約60兆個、その細胞が身体のあらゆる所で多様に機能することで、私たちの健康は保たれています。その細胞と細胞を結び付けているのがコラーゲンです。もちろんコラーゲンもたんぱく質です。たんぱく質は健康な体づくりには欠かせない栄養素です。なんと体重の約20%を占めていると 言われています。そのたんぱく質の約30%をコラーゲンが占めています。 ですから、仮に体重が60㎏の人であれば、たんぱく質は約12㎏、コラーゲンは約4㎏ということになります。意外と多いと思いませんか?そのコラーゲンは、身体の色々なところに不こまれています。皮膚、骨、関節、軟骨、内臓、血管など全身にあるんです。 ただし、コラーゲンは年齢とともに、身体の中で作る量が少なくなってきます。その質もだんだん劣化してきます。そこで高品質のコラーゲンを補う必要が生じてくるわけです。
Qコラーゲン豚由来と魚由来の違いは?
A豚の皮から抽出、精製したものが豚由来コラーゲン、魚の皮、あるいはウロコから抽出、精製されたものが魚由来コラーゲン(フィッシュコラーゲン、海洋性コラーゲン、マリンコラーゲンなどと表現されている場合も)です。
弊社の「輝美肌プレミアム」は次のような理由から豚由来コラーゲンを使用しています。
☆豚コラーゲンから医療用の人工皮膚が作られるくらい、豚のアミノ酸組成は人のものに近いと言われています。大手化粧品会社でも商品のパッチ(皮膚反応)テストには、豚の皮膚を使っています。同じ哺乳類ということで、魚由来のものに比べ、より有効だと考えています。
☆長く利用していただくためには、製品の味、臭いの問題は避けて通れません。魚由来コラーゲンに比べ、豚由来コラーゲンの臭いは少なめです。特に高純度、高品質にこだわった弊社の「輝美肌プレミアム」は限りなく無味無臭です。
Q骨とコラーゲンの関係は?
Aコラーゲンは、骨にとってカルシウムがくっつく“足場”です。人の体を鉄筋コンクリートのビルに例えますと、コラーゲンは骨組の鉄筋、カルシウムはコンクリートに当たります。ですから、コラーゲンが先に作られなければ、カルシウムがくっつくことができません。
しかも、コラーゲンは非常に丈夫なたんぱく質で、柔軟性も持っていますから、カルシウムの硬いけれども脆い性質を補って、強くて、折れにくい骨を作ってくれます。
Q関節とコラーゲンの関係は?
A表面は滑らかでなければならない関節が長年の酷使で磨り減って、滑らかさが失われることがあります。コラーゲンはこの関節の表面を再生する力を高めて、関節のいたみを和らげることがわかっています。また、ひざ関節痛用のサプリとして注目されているグルコサミンとコラーゲンは相性がよく、相乗効果が期待できます。
Qコラーゲンに育毛効果はありますか?
A人の皮膚は3層構造(外側から表皮、基底膜、真皮)になっています。この表皮と基底膜の結合を担っているのが、今話題の17型コラーゲンです。毛根のあるこの部分のコラーゲンを補うことが、育毛効果につながると考えられています。また、17型コラーゲンは1型、2型など他の型番コラーゲン同様、人口的に作ることは不可能です。そのため形成能力が落ちたり、劣化したコラーゲンを補うため、外から摂る必要が生じてきます。
Q美肌とコラーゲンの関係は?
A肌たんぱく質の70%がコラーゲン(主に4型、7型)で出来ています。コラーゲンから作られるコラーゲンペプチドが肌でコラーゲンの合成に役立っていることがわかっています。また化粧水として使った場合、その高い保湿力も確認されています。ですから、飲んで中側から、化粧水として外側から、ダブルの利用でより高い効果が期待できます。
Qどれくらい輝美肌を摂ればいいですか?
A1日に5~10g、輝美肌ですと、2~3袋を摂るのが目安量となります。体重約60㎏の人の場合、約4㎏(約6%)がコラーゲンです。このコラーゲンが毎日、新陳代謝で生まれ変わると考えられています。
Qより効果的なコラーゲンの摂取法は?
A体内でコラーゲンが合成される時、ビタミンCによって、合成がより促進されます。コラーゲンを摂取する場合、ビタミンCとともに摂ることをお勧めします。また、骨にとってもコラーゲンはなくてはならないものですから、同時に不足しがちなカルシウムも合わせて摂ると効果的です。
Qコラーゲンはどうのように働くの?
Aペプチドという形に姿を変えて、骨や肌で、年齢と共に劣化(生成能力そのものも低下)する、コラーゲンの新生(再生)に関わっていると言われています。
Qコラーゲンは摂りすぎても大丈夫ですか?
Aたんぱく質の一種ですから、害はありません。しかし、腎臓や肝臓に不安がある方、また治療を受けている人は多量の摂取が、これらの臓器の負担となりますから、医師にご相談下さい。
Qアレルギーは起きませんか?
AA.たんぱく質の一種ですから、ごくまれにアレルギーの症状が出ることがあります。もし、ジンマシンなどのアレルギー反応が出た場合には、摂取を止め、医師にご相談下さい。
Qコラーゲンと好転反応?
Aアレルギーではありませんが、摂取した場合、まれにニキビ、吹き出物が出来ることがあります。これはコラーゲンの好転反応の一種で、続けて摂っていただければ自然に消えていきます。もちろん消えない場合は、摂取を取りやめ、医師にご相談ください。
Qダイエットへの影響は?
A脂質、糖質を一切含まず、低カロリーですから、ダイエットの妨げになることはありません。しかし、純粋なたんぱく質ですから、ビタミンCだけでなく、他の栄養成分もバランス良く摂取することをお勧めします。